愛犬の口臭が臭い…それって病気のサインかも?!口臭の対策をご紹介!

アイキャッチ

愛犬が近寄ってきたら物凄くかわいいですよね!

でも、、、口臭が臭かったりしませんか?

犬の口臭が臭いってことは病気の可能性もあります。

口臭がしてくる前にしっかりとしたデンタルケアが必要です!

今回は愛犬の口臭対策をご紹介します!

これであなたの愛犬も口臭とはおさらばです!

犬の口臭が臭い・・・?

犬

大事に大事に育ててきた愛犬が近寄ってくる喜び……

犬の口臭で全てが台無しに!!!

いくら愛犬でも口臭が臭かったら愛情も半減してしまいますよね。

それだけではなく、口臭=病気のサイン、とも言われています。

口臭は早めに無くすのが賢明です。

今回は愛犬の口臭の原因と口臭撃退の方法についてご紹介します!

犬の口臭の原因はこれだ

口臭の原因は?

犬の口臭の原因はいくつか考えられます。

あなたも緊張したときは口の中が乾燥しませんか?
そのとき少し嫌な臭いがすると思います。

犬も同じで乾燥で口臭がする場合もあるのですが、口臭が病気と深いつながりがある場合もあります。

口腔内の乾燥

これは人間と一緒で、水を飲む量が少なかったり、鼻炎などで鼻づまりになったりと常時口を開けている状態では、口の中が乾燥して唾液が濃縮され「生臭い」「魚臭い」といった臭いが発生します。

特に暑い夏などはハァハァと呼吸をしているため、口腔内の乾燥が激しくなります。

病気

犬病気
口腔内の乾燥であればそれほど心配する必要は無いのですが、デンタルケアがしっかりと行われなかったことで病気に繋がってしまうことがあります。

病気が原因で口臭がするのは次のような場合です。

歯周病、口腔内疾患

犬のかかる病気の中で最も多いものが、歯に関する病気なんです!

まず第一に考えるべき事は、歯石の付着です。歯石自体は病気というわけではありません。
人間も一緒ですが、歯石は細菌の集合体であるプラーク(歯垢)が固まって形成されることによって生じます。

この歯石は細菌の集合体であるため、口腔内に細菌が常に常駐していることになります。

この歯石が歯肉に炎症を起こし歯周病になってしまうんです。

歯周病が口臭の原因になってしまっているケースが非常に多いです。

ちなみにどれぐらいの犬が歯周病にかかっているかというと……

今では、3歳以上の犬の約8割が歯周病を患っているといわれています。

人間と一緒で歯周病は犬の世界でも流行っているんですね。

内臓疾患

胃や腸といった消化器、肝臓や腎臓の不調も口臭の原因となることがあります。

口臭が糞便臭い場合

食糞行動、または胃腸疾患により、口臭が糞便臭くなることがあります。
食糞とは自分自身の糞便を食べてしまうことです。
なぜ食糞をしてしまうのかについてのメカニズムは明らかになっていません。

口臭に便の臭いがある場合、口腔内の問題やひどい便秘などが影響していることもありますが、腸閉塞や腸のねじれなどの重篤な症状を起こしているおそれがあります。

腸閉塞や腸のねじれは怖いですね……

口臭がアンモニア臭い場合

腎臓や肝臓に疾患がある場合、口臭がアンモニア臭くなる場合があります

通常であれば体外に排出される老廃物が体内に溜まっている場合にアンモニア臭い口臭になる場合があります。

口臭がすっぱい臭いになっている場合

口臭にすっぱい臭いがある場合は、胃腸の不調が隠れていることがあります。

人間もそうですが、胃炎を起こしている場合などに胃酸の分泌過多により口臭がすっぱい臭いになる場合があります。

ペットフードの劣化

ドッグフード
ペットフードも空気に触れると酸化します。
酸化によってペットフードが劣化していくんです。

この酸化したペットフードを犬が食べることで、食べかすがいつもと違う口臭の原因となることがあります。

犬の口臭予防対策

犬デンタルケア
犬の口臭が病気のサインになっていることもあるということは説明しました!
恐いですよね……

では口臭予防には何をすればいいかというと、簡単に言うとデンタルケアなんです。

デンタルケアが不十分だと結果として大事な愛犬が病気になってしまいます。

ではデンタルケアにはどんな種類があるんでしょうか。

食べ物が原因の場合

消化不良や腸内環境の乱れから嘔吐や下痢もしやすい場合は、食事内容を見直してみましょう!

食べ物が原因で口臭が臭くなっている場合、酸化したペットフードを食べている可能性があるということはすでにご説明しました。

開封後のペットフードは、しっかり密閉し、直射日光を避け、温度や湿度の低い所で保管してください。
ペットフードはある程度長期保存できますが、なるべく早く食べきれるよう、愛犬にあったサイズを選びましょう。
缶詰やパウチタイプは、できればその日のうちに食べ切った方がいいでしょう。
ただ余った場合は、一度開けたら密閉容器に移し、冷蔵庫で保存する必要があります。

歯垢や歯石によって歯周病を起こしている場合

歯垢や歯石によって歯周病を起こし、口臭が臭くなっている場合はしっかりしたデンタルケアが必要です。

まず前提として、口臭を防ぐためには歯についた歯垢が歯石になる前に取り除く必要があります。

歯垢の段階で歯磨きをして磨き取ってしまうのが理想です。

でも……あなたの愛犬は歯磨き得意ですか?
犬は歯磨きってとても嫌がりますよね?

そこで簡単にできるおススメの口臭予防対策をご紹介します!

オススメの口臭予防対策はこちら

悩み1
悩み1
ワンちゃんの口臭が気になる……
悩み2
悩み2
歯磨きをさせてくれない……
悩み3
悩み3
デンタルケアの仕方が分からない……

皆さん、こういうお悩みをかかえていらっしゃると思います。
犬の歯磨きって本当に難しいですよね。
なかなか歯磨きさせてもらえないから口臭が気になってくる、ということが非常に多いと思います。

自分も犬の歯磨きが苦手でなかなか歯磨きさせてもらえなかったんです。
歯磨き出来ない→口臭が気になる→でもまた噛みつかれる、、、

こういった悪循環をたどっていました。

でもある商品を手に入れてから犬の口臭が気にならなくなったんです!!

Dr.WANDELの特徴

ドクターワンデル

Dr.WANDELという商品なんですが皆さん知っていますか?

この商品何がすごいって……

”自然な甘みのあるトロッとしたジェルタイプで直接舐めさせる、またはご飯と一緒に食べさせるだけでOK”な商品なんです。

とにかく歯磨きをさせるのが苦手だった自分……直接舐めさせるだけで歯垢が無くなっていくのってホントすごいと思いました!

その他にはこんな強みがあります!

Dr.WANDELの強み
  1. ジェルタイプなので直接舐めさせるorご飯と一緒に食べさせればOK
  2. 獣医師と大学協力のもと独自開発されている
  3. ヒューマングレード(人間が食べても大丈夫!)
  4. 獣医療の現場でも使用されているヒト幹細胞上清液を配合
  5. 安心の国内生産・国内の厳選原料を使用!
  6. 残留農薬検査済・放射能検査済
  7. 添加物や着色料・合成甘味料・防腐剤・エタノール不使用

犬の口臭ケアには安全・安心な商品を使いたい、という方におススメ

Dr.WANDELの強みを挙げましたが、一番の強みとして”安全・安心な商品”であることです。

まず、獣医師と大学の協力のもとに開発されています。
獣医師っていつもかなりの件数のデンタルケアをしています。
そんな獣医師が共同開発しているというだけでも安心な商品です。

共同開発獣医師紹介

また、ヒューマングレードとなっているため、あなたが食べても大丈夫!
まぁ食べることは無いでしょうが、人が食べても大丈夫な商品だったら愛犬にあげても大丈夫ですよね!

国産の商品っていう点もオススメの一品です。
人件費等の問題で海外(特にアジア)で生産されることが多い世の中ですが、やっぱり愛犬にあげる商品だったら国産の方が安心ではないですか?

添加物等も不使用なので安心して愛犬の口臭ケアに使えます!

ヒト幹細胞培養液って?

ヒト幹細胞培養液の成分は、東京大学を始めとする6つの大学と獣医師が共同開発した成分です。

人間の歯科医療で用いられる最新の技術が応用されているんです!

このヒト幹細胞培養液なんですが、免疫の強化や細胞の回復に効果が期待でき、口腔内のトラブルにも効果を発揮するものなんです。

ただ、ものすごく貴重な成分のためある程度高価なものになっています。

この貴重な成分をDr.WANDELは配合しているんです!

犬の口臭対策まとめ

歯磨きが難しい自分にもドクターワンデルなら簡単に口臭対策が出来ました。

愛犬が元気でずっといられるようにデンタルケア対策をしっかり行いたいですね^^

ドクターワンデルが非常にオススメなので一度使ってみてください!

初回購入なら37%OFFです!37%OFFなら愛犬に合うか一度試せますね!

\試してみる方はこちらから/
ドクターワンデル